NTTデータイントラマート(中山義人社長)は1月12日、同社が提供するシステム共通基盤「intra-mart」が、りそな銀行が展開する「M&A業務プラットフォーム」の情報共有システムの構築基盤に採用されたと発表した。

 M&A業務プラットフォームは、各参加銀行と営業エリアの異なる銀行で、M&A情報の交換や業務ノウハウ(企業価値評価、契約書の雛形など)を共有でき、効率的なM&A業務の促進を図ることが可能となるシステム。この構築基盤として、NTTデータイントラマートのintra-martが採用された。

 intra-martは、業務プロセスの改善に不可欠なBPMを中心に、取引先を含む社内外との情報共有基盤として5000社以上の企業に導入されている。今回、豊富な部品群の組み合わせによる短期開発、カスタマイズしやすい柔軟性や拡張性、不正アクセス・なりすましに対応したソリューションが高く評価された。

 今後もNTTデータイントラマートは、りそな銀行が展開するオープンプラットフォーム戦略をサポートするため製品強化を図っていく考え。