NTTデータイントラマート(中山義人社長)とTIS(桑野徹社長)は1月17日、明電舎(浜崎祐司社長)の取引先企業(サプライヤ)との調達業務を一元管理する「サプライヤポータル」を、NTTデータイントラマートの「intra-mart」を開発基盤にTISのソリューション「FAST購買」を活用し、クラウド環境で構築したと発表した。

 発電・変電設備などの重電機器を手がける明電舎は、機器の生産を国内4か所8工場で行い、約2000社のサプライヤから必要な部品を調達している。しかし、既存システムのWeb EDIはテキスト情報の送信機能しかないため、調達業務でさまざまな課題を抱えていた。とくに、サプライヤに設計図面などを紙で渡すことで郵送に多大な時間・コストが発生。調達プロセスも電話・メール・FAXによるため、属人化し情報共有に障壁があった。

 そこで明電舎は、サプライヤポータルの構築を検討。intra-martを開発基盤にFAST購買を活用したTISの提案を選択した。2016年7月に稼働を開始、設計図面などのやり取りが電子ファイルをダウンロードする方式となり、従来までの電話・メール・FAXを利用していた資材部門とサプライヤの連絡方法もサプライヤポータルに一元化した。これにより、大幅なスピード化と年間数千万円かかっていた郵送費の削減、担当ごとに属人化していたサプライヤとの調達プロセスの透明化を実現している。

 明電舎では今後、購買情報を分析する機能を拡張していくことで、適正価格のベンチマークを得る精度を高め、サプライヤの納期や品質といった評価の高度化など、戦略的なサプライヤマネジメントにサプライヤポータルを活用していく予定。

 TISでは、今回の事例のようなバイヤとサプライヤをつなぎ、サプライヤマネジメントに貢献する購買システム構築の支援を製造業を中心とした企業向けに展開していく。また、NTTデータイントラマートでは、今回のサプライヤポータルをはじめ、顧客・取引先までを含めた業務プロセス・ワークフローの確立によって、業務の効率化・顧客満足度向上に貢献するソリューションを提供していく方針。