ネットジャパン(蒋冠成社長)は、大幅な機能アップを実施したシステムバックアップ/ディザスタリカバリソリューションの最新版「ActiveImage Protector 2016 R2 SP1」を1月19日に発売した。税別価格は、Server Editionが1-4ライセンスの範囲で、13万1900円(1ライセンスあたり)。

 「ActiveImage Protector」は、Windowsを停止せずにハードディスク内のOS、設定、アプリケーションやデータをまとめてイメージファイルとしてバックアップできるツール。障害発生時には、イメージファイルをそのまま戻すだけで復元できる。また、重複排除圧縮処理をイメージファイルのバックアップ時に同時に行う独自技術「インライン重複排除圧縮機能」を採用、データを最大30%のサイズにまで圧縮できるようにした。

 今回の最新版では、Windows Server 2016に対応。リモート接続時のコンソール起動速度を改善。また増分バックアップを作成するために必要なトラッキングドライバを改善して、ホットバックアップ時の確実性をさらに向上した。8TBを超えるデータをもつボリュームに対してもパフォーマンスを維持し、重複排除圧縮のバックアップが可能となった。さらに、重複排除圧縮時の速度を従来比で約30%高速化したことで、バックアップ時間を従来の約2/3に短縮している。

 このほか、バックアップの起動確認に加え、継続的に仮想マシンを使用することができるようになり、短期間の代替サーバーとして使用できるようになった。本体復旧時に代替運用した部分を含めてイメージファイルとして復元できる。

 SP1としてリリースするActiveImage Protectorのエディションは、物理/仮想環境向けにVirtual Edition、Server Edition、Desktop Edition、 Linux Edition、ITプロフェッショナル向けにIT Pro Edition、クラスタ環境向けにCluster Edition、NEC ftサーバー向けにfor Express5800/ftサーバ、for Express5800/ft Virtual、NEC CLUSTERPRO向けにfor CLUSTERPRO Windows、for CLUSTERPRO Linux、パーソナル向けにActiveImage Protector 4の11製品。