グレープシティ(馬場直行社長)は1月25日、帳票設計から管理、運用までのすべての機能を利用できるオールインワン帳票ソリューション「ActiveReports 11.0J Server(ActiveReports Server)」を2月28日に発売すると発表した。価格は、運用サーバーライセンスが135万円。

 ActiveReports Serverは、開発支援ツール「ActiveReports」の帳票デザイナと帳票実行エンジンを搭載したオールインワン帳票ソリューション。追加コストなしで、帳票のデザイン、プレビュー、ファイル出力、スケジュール配信・印刷、アクセス制御やログ管理などの各種制御といった帳票システムに必要な機能をすべて利用することができる。

 使い方も簡単で、製品をウェブサーバー(IIS)にインストールするだけで管理者用と利用者用の2つのウェブポータル画面をもつ帳票アプリケーションが利用できる。帳票デザイナは、Visual Studioのような開発環境がなくても利用者ポータルから直接起動できるため、開発者だけでなくエンドユーザー自身でも帳票デザインを行うことが可能。さらに、REST APIも多数提供しているため、さまざまな外部システムや上位システムとの連携、カスタムアプリケーションの作成も可能となっている。