ソフトバンクコマース&サービス(ソフトバンクC&S、溝口泰雄社長兼CEO)は1月23日、IoTデバイスの保護に特化したセキュリティ製品を提供するZingBox(シュウ・ゾウCEO)と販売代理店契約を結び、法人向けのIoT特化型セキュリティソリューション「ZingBox」の取り扱いを2月10日に開始すると発表した。

 ZingBoxは、企業で使われているIoTデバイスとその通信の状況を可視化することができる新しいセキュリティソリューション。マシンラーニング技術によって、監視対象のネットワーク内に存在するIoTデバイスの棚卸し、分類、動作把握を自動で行い、リアルタイムでの異常検知やリスク管理を実現する。また、仮想化ソフトウェアとして提供することで、デバイス側へのエージェント導入は不要で、既存のIoTデバイスに負荷をかけることなく導入することができる。任意でのポリシー作成・適用も可能で、他社製ファイアウォールとの連携により不正通信をブロックする機能も備えている。

 今後、ソフトバンクC&Sは、ZingBoxをはじめとしたさまざまなIoT関連商材・サービスの提供を行い、IoTビジネスに注力していく方針。