ダイレクトクラウド(安貞善社長)は、Windowsエクスプローラ内に仮想ドライブを作成し、クラウド上の各種ファイルを直接利用可能なWindowsアプリケーション「DirectCloudドライブ」ベータ版を2月15日にリリースした。同社ホームページから無償でダウンロードできる。

 DirectCloudドライブは、普段使い慣れているWindowsエクスプローラの操作性を、同社が提供する法人向けオンラインストレージ「DirectCloud-BOX」でも実現してほしいとのユーザーの声に応えた。これにより、従来までのPC専用ソフト、ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーションに加え、Windowsエクスプローラ上でのファイル操作が可能となった。専用ソフトやウェブブラウザを利用しなくても、Windowsエクスプローラ内にマウントされている仮想ドライブから「ファイルを開く」「保存」などの操作ができ、クラウド上のファイル管理からファイル共有までを完結できる。

 通信経路には256ビットのSSLを採用。すべてのファイルは、クラウドストレージに保存する前にウイルス検知を行い、AES 256ビット対称キー暗号化を使用して暗号化する。