鈴与シンワート(池田裕一社長)は3月27日、国内6拠点目となるデータセンター「S-Port 北陸センター」を開設したと発表した。

 S-Port 北陸センターは、自然災害(M7.2の地震、北陸特有の「冬季雷(ブリ起こし)」など)に対する立地・設備・セキュリティなどを考慮したデータセンター。地震対策では、ビル本体の揺れを低減する「基礎免震構造」を採用。M7.2の地震を想定し、5種類の免震装置を組み合わせ、揺れを軽減する。また、北陸特有の「冬季雷(ブリ起こし)」にも十分耐えられる雷対策を実施。直撃雷に対しては、最高の「保護レベルI」(最大電流200kA)を実現するとともに、統合接地システムによる等電位化で誘導雷から保護する。雷サージ保護装置を設置している。

 高信頼の電源設備(ティア3レベル)で安定した電源供給を行い、異なる変電所からの高圧電力を本線・予備線方式で受電。非常用発電機・UPSは、N+1構成(必要台数+予備機)となっている。なお、非常用発電機は、定期的に実負荷運転試験を実施する。また、6段階のセキュリティレベルで領域を区分しており、道路境界線、敷地境界線沿いに高さ2mのフェンスを設置。24時間365日の有人体制で、敷地内、レベル間に設置した扉の出入りをカメラ監視する。レベル3以降は非接触式ICカード認証、最上位のレベル6は指透過式の指紋認証を採用している。