鈴与シンワート(池田裕一社長)は1月18日、国内5拠点目となるデータセンター「S-Port 九州センター」を福岡県に開設したと発表した。

 S-Port 九州センターは、強固なセキュリティ、津波などの水害対策を考慮した災害対策機能を備えたほか、震度7に耐え得る免震構造を採用した。また、本線・予備線方式で異なる変電所から2系統で受電することで、電力の安定供給を実現した。セキュリティについては、5段階の強固なセキュリティ設備を採用。24時間365日運用スタッフが常駐しているため、夜間や早朝時の入館対応も可能となっている。

 ロケーションは、交通アクセスに優れ、ビジネスに適した福岡市内に開設。警固断層から2km以上、原子力発電所からは50km以上離れていることに加え、液状化発生確率の低い立地となっており、災害リスクを大幅に低減している。