チエル(川居睦社長)は7月26日、小中学校の「基礎・基本の習得・定着・確認」をICTで支援するために、豊富なデジタル教材や教務支援システムをクラウド化して一元的に提供する小中学校向け教育クラウドサービス「CHIeru.net for School」を開始すると発表した。第一弾として、3種類のデジタル教材「基礎・基本習得パック」「基礎・基本定着ドリル」「基礎・基本計算検定」を全国の教育委員会、小学校、中学校を対象に発売した。価格はオープン。

 まず、基礎・基本習得パックは、授業の一斉指導の場面で、教員が電子黒板やプロジェクタなどで、大きく映してわかりやすく指導するための提示教材。教師用提示教材や児童生徒用教材など、多様な授業の形態に合わせたデジタル教材をクラウドからすばやく見つけることができる。対象学年は、小学校1年生から6年生。教科は、国語、社会、算数、理科、生活、外国語(英語)。

 2つめの基礎・基本定着ドリルは、学校や家庭で個別学習する場面で、個に応じた学習機能(アダプティブ・ラーニング)により、基礎・基本の定着を図るドリル教材。正誤判定だけではなく、児童生徒の理解度に応じた出題が、学ぶ意欲を継続させる。選択問題に加えて記入式やディクテーションなど、さまざまな問題形式のドリルを収載している。対象学年は、小学校1年生から中学3年生。教科は、小学校が国語、算数、中学校が国語、数学、英語。なお、同教材は、すららネットとの共同開発で製品化している。

 3つめの基礎・基本計算検定は、算数の基礎・基本となる計算の力が身に付いているか確認できる教材。検定方式により、次々と進級していくことで、児童の学習意欲を維持し、向上させる。教員は、レポート画面から、クラス全体や児童の学習履歴を把握でき、日々の指導に生かすことができる。対象学年は、小学校1年生から6年生。教科は、算数(計算問題)。