テックウインド(王夢周社長)は、インテルXeonスケーラブル・プロセッサに対応したSupermicro製のサーバー/ワークステーション関連製品「X11」シリーズを9月1日に発売した。

 X11シリーズは、インテルXeonスケーラブル・プロセッサをシングル、デュアルで搭載できるほか、最大でクワッドまで搭載可能な製品。フォームファクターも、1U、2U、3U/Mini-Tower、4U/Tower、8U SuperBladeと、豊富なラインアップを揃えており、顧客のニーズや将来計画も踏まえた最適な製品提案が可能となっている。また、今回のシリーズから、RDIMM DDR4-2666MHzメモリもサポートした。

 Supermicroとテックウインドは、自社工場でのシステム構築で培った高い技術力を武器に、パートナー各社と力をあわせ、顧客に最適なサーバー製品を提供していく考え。