テックウインド(王夢周社長)は4月25日、高いアクセス性能と充実した機能を特徴とするQNAP製Turbo NASシリーズから、クアッドコアCPUとデュアル10GbE SFP+ポートを搭載する「TS-x31XUシリーズ」ラックマウントNASの取り扱いを開始すると発表した。

 TS-x31XUシリーズは、AnnapurnaLabs、an Amazon company Alpine AL314クアッドコア1.7GHz ARM Cortex-A15プロセッサと4GB DDR3 RAM(16GBまでアップグレード可能)、SATA 6Gb/sハードドライブインターフェースを装備している。ハードウェアアクセラレーション暗号化エンジンは、AES 256 ビットでNASボリューム全体を暗号化する性能を提供、システムの性能とセキュリティを向上し重要なビジネスデータを守る。

 また、2つの内蔵ギガビットイーサネットポートだけでなく、10GbE高速ネットワークを完全にサポートする2つの10GbE SFP+ポートを備えている。仮想化と急増するデータの高速バックアップ・復元のために高い帯域幅を必要とする企業に向けて、光速のスループットを提供する。また、予備のPCIeスロットに、NICを追加することが可能で、高速ネットワークをより柔軟に構築できる。