コベルコシステム(田野美雄社長)は10月10日、米アステアインターナショナル日本法人のアステアインターナショナルジャパン(アステアジャパン、ザック・バーグリーン社長)とフィールドサービス支援ソリューション提供で協業すると発表した。

 今回の協業にともない、アステアジャパンが提供する保守管理システム「Astea Alliance」に、コベルコシステムのIoTインフラプラットフォームサービスや分析ソリューションサービスなどを組み合わせ、主に保守部門をもつ製造業や保守メンテナンスサービスを手掛ける企業に向けて、10月2日にソリューションの提供を開始した。Astea Allianceをアフターサービスのシステム基盤とすることで、グローバルでの業務標準化、作業生産性向上、サービス品質向上、ペーパーレス化が可能となり、業務効率化と顧客満足度向上を支援する。

 また、コベルコシステムでは、Astea Allianceの導入・保守サービスに加え、独自のIoT、AIを活用したアフターサービスを高度化する周辺ソリューションを提供する。これらを通じて、顧客の最適なメンテナンスや付加価値の高いサービス提供を支援していく。

 周辺ソリューションの具体的な内容は、(1)IoTを活用した稼働監視によるリアルな装置の状況把握、(2)新たな製品やサービス開発に繋げるデータ分析、(3)潜在的な問題が大きな問題として顕在化する前に部品やメンテナンスの手配を事前に行い、高効率なメンテナンスを実現する予防保全など。今後は、AR(拡張現実)を活用した作業手順モニタや遠隔保守支援、AIを活用した音声・文字認識なども追加していく予定