富士フイルム(助野健児社長)と富士ゼロックス(栗原博社長)は10月16日、印刷市場での両社のインクジェットデジタルプレスの販売体制を強化すると発表した。

 両社の国内印刷市場向けインクジェットデジタルプレスの販売機能を、10月16日付けで富士フイルムの販売会社のひとつである富士フイルムデジタルプレス(FFDP)に統合。グループの強みを最大限に生かせる販売体制を新たに構築し、最適な製品・ソリューションを提供していく。

 FFDPは2011年、富士フイルムの商業印刷向けインクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズの国内販売・マーケティングを目的に設立。富士フイルムが長年にわたり、オフセット印刷分野を中心に幅広い製品やサービスを提供してきた経験を生かし、フロントシステムからポストプレスまでのトータルな提案で、顧客1社1社の課題に合わせたソリューションを展開している。

 一方、富士ゼロックスは、データプリント用途を中心に輪転型インクジェットデジタルプレスを販売しており、最近では商業印刷や出版印刷の用途にも導入を加速。デジタルプレスを効率よく運用するためのワークフローや、大量のジョブを効率よく印刷するためのソフトウェア、複数のデジタルプレスを集中制御するオペレーションシステムなどのラインアップも拡充し、デジタルプレスの戦略的な活用を提案している。

 今回、販売機能の統合で、FFDPは両社の豊富な製品ラインアップをトータルで提案することが可能となる。今後は、国内の販売強化に加え、新たにアジア地域での販売支援も行っていく方針。また、FFDPの社長には、2009年から富士ゼロックスでグラフィック分野の営業トップを務めてきた同社執行役員の麻生修司氏が就任した。