ネットワールド(森田晶一社長)は10月23日、米キネティカとVAD(Value-Add Distributor)契約を結び、「Networld AIセンター」を開設すると発表した。

 キネティカは、NVIDIA GPUに最適化されたインメモリデータベースを提供するベンダー。APAC市場のデータベース分析に対する巨大な需要を見込んでおり、同地域での事業展開を拡充しているが、今回、ネットワールドとの提携によって、日本市場に向けた事業を正式に開始する。

 新設するNetworld AIセンターは、NVIDIA GPUを搭載したサーバープラットフォーム上で、キネティカのデータベースソリューションのデモ、POC環境、機械学習やディープラーニングのトレーニングを提供するもので、11月中に稼働する予定。

 NVIDIA GPUに対応したキネティカのGPUデータベースは、CPUをベースとした従来のデータベース管理システムと比較して、10分の1のハードウェア投資コストで、100倍以上の高速データ処理が可能。また、TesorFlowなどのライブラリもプリインテグレートしており、AIとBIをデータベースと同一のプラットフォーム上で実行するため、ビッグデータ分析システム全体のパフォーマンスを最大化することができる。

 ネットワールドでは、AI、ビッグデータ分析、ディープラーニングに向けたキネティカのソリューションをIBM Power System S822LC for HPC(通称:Minsky)をはじめ、NVIDIA DGX-1、HPE、Cisco、DellなどのさまざまなGPU搭載サーバープラットフォームとともに、テレコム、Eコマース、製造業、IoT、金融サービスなどあらゆる分野の顧客やパートナーに提供していく考え。