ソリトンシステムズ(鎌田信夫社長)は10月31日、自社開発・販売しているモバイル映像伝送装置「Smart-telecaster Zao-S」を、東京海上日動火災保険(東京海上日動、北沢利文社長)に提供したと発表した。

 Zao-Sは、LTEなどのモバイル回線を使って、高品質な映像をリアルタイムで伝送するH.265ハードウェアエンコーダ。独自の伝送技術RASCOW(Real-time Auto Speed Control based-on Waterway model)により、揺らぎの大きいモバイル回線上でも、遅延が少なく「切れにくい」安定した映像を送ることができる。

 東京海上日動ではこれまで、海外で台風や豪雨による冠水など大規模災害が発生した際には、海外クレーム代理店や現地法人で調査後に作成した報告書を日本で確認するなど、支払処理までに多くの時間を要していた。このため、海外での大規模災害発生時に、保険金をより迅速に支払う仕組みを構築することが、喫緊の課題となっていた。

 今回、東京海上日動はZao-Sを導入することで、現地の様子をリアルタイムに映像で確認しながら日本にいながらにして損害状況を把握できるようになり、課題であった手間と時間を大幅に削減し、被害規模に応じたリモートでの査定体制の構築が可能となる。また同社では今後、港などでの大規模事故発生時の損害調査や事故削減コンサルティング支援、国内の広域災害発生時についてもZao-Sを活用することを検討している。

 なお、Zao-Sは、警察、消防などの公共機関でも幅広く導入されつつあり、損害調査の分野では今回が初めての採用となるという。引き続き、ソリトンシステムズではモバイル映像伝送装置の新たな用途拡大を推進していく考え。