NTTテクノクロス(串間和彦社長)は10月31日、スマートフォンの電話帳を起点としたコミュニケーションサービス「ProgOffice Enterprise(ProgOffice)」の働き方改革を支援する新バージョンを12月に発売すると発表した。税別価格は1ライセンス月額500円。年間契約で100ライセンス以上から提供する。

 新バージョンでは、働き方改革の課題である「勤務管理の適正化」を解決するため、ProgOfficeに表示されるOffice 365 のスケジュール状況をもとに、業務時間外の相手への電話連絡の制限を行う。さらに、ProgOfficeアプリケーションを業務時間外に利用しようとすると、端末に注意喚起画面を表示する。また、最適な連絡手段を自動で表示でき、帰宅後や休暇中に電話発信を制限するなど、相手の状況にあわせたコミュニケーションを実現する。

 さらに、Skype for Businessのプレゼンス機能と連携し、社員のリアルタイムなプレゼンス(「離席中」・「取り込み中」といった相手の状況・都合・様子)をProgOfficeの電話帳に表示する。事前に相手の状況を確認した上で連絡ができるため、テレワークなどで相手社員が近くにいなくても、まるで横にいるかのような感覚で、適切な連絡手段を選択することができる。