東芝ITサービス(永田友久社長)は11月28日、フォーティネットの多層防御セキュリティプラットフォームであるUTMアプライアンス製品「FortiGate」を活用した「ネットワークセキュリティワンストップサービス」を、12月1日に日本国内全域で開始すると発表した。また、フォーティネットのゴールドパートナー契約を結び、今後フォーティネット製品を活用したセキュリティサービスを強化していく。

 東芝ITサービスでは、以前からFortiGateを活用したセキュリティソリューションを展開してきたが、顧客から、セキュリティ対策のノウハウを生かし導入時の設計・設定、導入後のセキュリティポリシーの維持・更新まで、FortiGateのライフサイクルをトータル的にサポートしてほしいという要望が数多く寄せられていたという。そこで、顧客からの要望に応えるため関連サービスを体系化し、機器手配・構築・導入から運用・保守までFortiGateのライフサイクルすべてをトータル的に提供できるネットワークセキュリティワンストップサービスを開始することにした。

 なお、東芝ITサービスでは今回のサービス提供にあわせ、改めてフォーティネットとゴールドパートナー契約を結び、セキュリティ対策のノウハウを盛り込んだ新たなサービスの拡大を図る。また、顧客のネットワークセキュリティ対策の安定稼働や対策効果を加味した運用支援など、顧客サポートのサービス範囲を拡大していく考え。