世界のIT業界でしのぎを削る大手ITベンダーチーム同士の対決となった第31回アメリカンフットボール日本社会人選手権「JAPAN X BOWL(JXB)」(National Football League=NFL後援)が12月18日、東京文京区の東京ドームで行われ、富士通フロンティアーズが63対23で勝利し、2年連続3度目の優勝を果たした。対するIBM BigBlue(ビッグブルー)は、前回に引き続き富士通に苦杯をなめ初優勝を逃した。IBMが優勝すれば、リーグ戦5位からの歴史的快挙になったが実現しなかった。富士通は、2018年1月3日に同じ東京ドームで、大学日本一となった「甲子園ボウル」優勝校の日本大学(フェニックス)と「第71回ライスボウル」で日本一を競う。

取材・文/ 谷畑 良胤、写真/ 南雲 亮平

 JXBは、社会人アメリカンフットボールリーグ「Xリーグ」の「イースト」「セントラル」「ウエスト」の各ディビジョンでレギュラーシーズンを戦い、上位6チームとワイルドカード2チームがポストシーズンに進出しトーナメント戦を繰り広げ、上位2チームが対決して年間チャンピオンを決める大会だ。2014年に行われたJXBでは、富士通フロンティアーズが、44対10の大差でIBMビッグブルーを破っているだけに、IBMの雪辱にも陣営の期待が高まっていた。
 
201712191256_1.jpg
熱戦を繰り広げる富士通フロンティアーズとIBMビッグブルー

 東京ドームは、野球でいう1塁側にチームカラー別に“赤い富士通”、3塁側に“青いIBM”の集団が応援に駆け付けた。IT業界では、富士通販社を俗に「富士通系」、IBM販社を「IBM系」と呼ぶが、恐らく両社の応援団として、両系統の販社が双方で応援に熱を入れたに違いない。

 週刊BCNでは、タイミングよく直近号で、富士通フロンティアーズ顧問の濱場正明氏と、IBMビッグブルーのプレースキッカー(フィールドゴールなどを蹴るポジション)である小田倉彦氏を取り上げている。小田倉氏は、第2クオーターに絶妙なキックを披露した。この記事を並行して読むことで、このあとの記事に面白みが増すことだろう。

[次のページ]

次へ