フォースメディア(池田譲治社長)は4月3日、QNAP Turbo NASシリーズの新機種として、SOHO・一般ユーザー向けの3ベイデスクトップNAS「TS-328」を4月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。

 TS-328は、SOHO・一般ユーザー向けのエントリモデルでありながら、3つのHDD/SSDベイを備えており、RAID5を構築してストレージの容量、性能、データ保護を最適化できる。すでに、QNAP NASユーザーの3割がRAID5を利用しているが、TS-328によってさらに多くのユーザーがRAID5のメリットを得られるようになる。また、スナップショット機能を搭載しているため、ランサムウェアへの感染や誤操作によって失われたデータをすぐに復元することができる。

 Realtek RTD1296クアッドコアプロセッサと2GB DDR4メモリにより、家庭用の汎用ファイルストレージまたはマルチメディアセンターとして十分な基本性能を備えている。2つの内蔵1GbEポートを使えば、最大で225MB/秒の読み取りスループットが得られる。また、H.264/H.265のハードウェアエンコードとリアルタイムトランスコードに対応、保存した高画質の映画やビデオをさまざまなモバイル機器で快適に楽しむことができる。

 最新のQTS 4.3.4 OSでは、モバイル機器をTS-328にUSB接続するだけでデータのバックアップを簡単に取ることが可能。ファイルのバックアップや同期などの基本機能はもとより、360度パノラマ写真・動画への対応などマルチメディア関連の機能も充実。携帯で撮った写真・動画を簡単に保存するQphotoなどのモバイルアプリを使うことで、家庭のマルチメディア環境をさらに快適化できる。