RPAテクノロジーズ(大角暢之社長)は6月19日、RPAクラウドサービス「BizRobo! DX Cloud」を6月30日より提供すると発表した。

 BizRobo! DX Cloudは、RPAテクノロジーズのRPAに関するノウハウやコンテンツ、運用に必要なソフトウェアやインフラを一括して提供するクラウドサービス。サーバー/バックグラウンド型RPA「BasicRobo」の運用機能を顧客のプライベートクラウド上に構築し、シングルテナントで提供することで、高いセキュリティ環境とスケーラビリティを実現している。

 また、付帯サービスとしてRPAテクノロジーズのナレッジベースサイト、WEB研修コンテンツ、サンプルロボット集、その他サポートとしてユーザーコミュニティサイトなどが提供される。運用ノウハウをシェアすることにより、ユーザー企業は業務自動化プログラムを短期間で内製化することができる。

 顧客の社内アセットに合わせたサービス提供とスキル共有により、これまでRPAの導入や普及の障害となっていた既設システムとの連携や、ROIの問題を解決しRPAの普及を目指す考えだ。

 料金は月額20万円からの従量課金式で、その他オプションやサポート、初期費用などによって変動する。