アイマトリックス(小島美津夫代表取締役)は8月23日、純国産メールセキュリティアプライアンス「マトリックススキャン APEX III」に、未知の脅威に対する最先端防衛策として、AI(人工知能)/ディープラーニング技術を活用したアンチウイルス機能搭載の新バージョン「Ver.4.18.700」の提供を開始したと発表した。

 マトリックススキャン APEX IIIは、ゲートウェイ型のメールセキュリティアプライアンス。自社で長年培った膨大なメールデータをもとに研究・開発を行ってきた結果、生み出した技術の多くが「msecテクノロジー」として複数特許を取得し、日本特有のスパムメール検出に貢献している。また、IP・ドメインレピュテーション、ホワイトリスト、送信者認証機能などと併用することにより、リアルタイムで業界最高クラスのスパムメール検知率を実現している。

 今回の新バージョンでは、msecテクノロジーに、AIを活用した「msec AIアンチウィルス」を搭載。従来のシグネチャベース・ウイルス定義ファイルによるウイルス検知エンジンに加え、高度なAI搭載アンチウイルスエンジンを採用することで、今までにない堅牢なメールセキュリティ対策を提供する。提供形態は、通常のアプライアンスのほか、仮想アプライアンスも用意している。

 アイマトリックスは、今回の技術による高度なウイルス対策の実現性だけでなく、AI/ディープラーニングを活用した技術応用の早期実用化・発展を通じ、より安全なビジネス環境の実現を支援していく考え。