富士通クラウドテクノロジーズ(愛川義政社長)は、イエラエセキュリティ(牧田誠社長)と協業し、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」で「脆弱性診断サービス Powered by イエラエセキュリティ」の提供を9月28日に開始した。

 この脆弱性診断サービスは、イエラエセキュリティのエンジニアが、ニフクラ上に構築されたウェブアプリケーションやネットワークの脆弱性診断、ペネトレーションテストをリモートで実施し、レポーティングまで行う。豊富な診断項目に加えて、世界基準の技術をもつホワイトハッカーにより、ツールだけでは検知できない脆弱性を診断することができる。

 同社ではこのサービスを通して、ニフクラ上でウェブアプリケーションやシステムの新規リリースや大規模改修を予定している顧客、公開前テストの工数を削減したい顧客をはじめ、インターネットへ公開するシステムをもつ全ての顧客に、脆弱性リスクの可視化と対策案を提供していく。

 税別価格は、初期費用が20万円。ウェブアプリケーション診断が20画面で80万円、50画面で200万円、ネットワーク診断が8万円/IP、ペネトレーションテストが20万円/IP。