アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)と丸紅情報システムズ(渡辺亮一社長)は10月10日、販売代理店契約を結び、クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」の販売を開始すると発表した。

 InterSafe GatewayConnectionは、標的型攻撃に用いられる脅威サーバーへの通信をブロックする「サイバー攻撃対策」「ウェブフィルタリング」「ウェブアクセスでのファイルダウンロード時のアンチウイルス」を提供するクラウドサービス。プロキシに設定するだけで、エンドポイントから脅威サーバーへのデータ漏えいに対する複数方式の防御を実現する。

 常に更新される脅威情報データベースにより、最新の脅威もリアルタイムで防御することが可能。クラウドならではの「手軽さ」で、導入・運用の負荷も大幅に軽減することができる。

 丸紅情報システムズは、既存取り扱い製品であるriverbedのSD-WAN「SteelConnect」とALSIのInterSafe GatewayConnectionを組み合わせてクラウド型ウェブセキュリティープラットフォーム統合ソリューションとして提供する。

 SD-WANとクラウド型セキュアウェブゲートウェイの統合により、ネットワークセキュリティーを損なうことなく、インターネット広帯域通信を支店やリモートオフィスに導入し、適切なユーザーを適切なアプリケーションまたはインターネットに接続させることができるため、ビジネスの可用性を維持しながらネットワークとエンドポイントの保護の強化を実現する。