アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は10月18日、電子帳簿保存法に対応したERPフロントソリューション「ECOAS経費・旅費精算」が、アルプス電気(栗山年弘社長)に採用され、この導入事例を公開したと発表した。

 アルプス電気は、「紙削減プロジェクト」の取り組みを進める中で、特に削減効果が期待できる「社員の経費・旅費精算業務」と「支払審査業務」について、電子帳簿保存法への対応を進めることとなった。経費・旅費精算と支払審査で発生していた件数は、それぞれ年間6万申請あったという。使用する紙の量も、経費・旅費精算では1申請当たり2枚、支払審査では1申請当たり平均5枚あるため、経費・旅費精算では少なくとも年間12万枚、支払審査では年間30万枚、合計42万枚の紙が使われていた。申請部門が原本コピーを保管していることもあり、実際にはさらに多くの紙が使用されていたと考えられる。

 紙の使用量削減のほかに、申請から承認までのリードタイムや税務監査時の対応スピード、紙の保管場所などについても課題があり、電子帳簿保存法に対応した経費・旅費精算業務の効率化を図るプロジェクトが発足した。

 電子帳簿保存法に対応している経費旅費精算パッケージベンダーのなかから、ALSIのECOAS 経費・旅費精算とクラウドで利用できる製品を比較した結果、(1)ERPシステムとのデータ連携、(2)カスタマイズの柔軟性、(3)標準機能、(4)コスト比較、(5)電子帳簿保存法対応の実績――の5点の選定基準からECOAS 経費・旅費精算が採用された。

 導入後、社員からは「紙の提出がなくなり申請が楽になった」「承認までが早くなった」という声が挙がっており、経理部門では「月末・決算の多忙な時期の申請書類不備による差し戻しが少なくなり、電子データなので処理が早くなった」と、作業負担の軽減につながっているという。

 なお、ECOAS経費・旅費精算と合わせて、JFEシステムズ(西崎宏社長)のデータ保存・配信ソリューション「DataDelivery」も導入され、電子データによる文書の保管と管理が可能となっている。
 
構成イメージ