ディー・ディー・エス(DDS、三吉野健滋社長)とプロット(津島裕社長)は10月29日、プロットが開発・提供するファイル無害化機能付きファイル交換システム「Smooth Fileネットワーク分離モデル」と、DDSの多要素認証ソリューション「EVE」シリーズを組み合わせることで、ファイル交換システムを生体認証で安全で便利に使えるよう、両社でサポートしていくと発表した。

Smooth File ネットワーク分離モデルと「EVE」シリーズの連携イメージ

 EVEシリーズは、企業情報システムを情報漏えいから守る多要素認証ソリューション。指紋とパスワード認証に対応するスタンドアロン版をはじめ、指紋、ICカード、パスワードから二要素を選択可能な二要素認証基盤「EVE FA」、指紋や顔、静脈、ICカードやOTP、パスワードなどから自由に選択可能な多要素認証基盤「EVE MA」をラインアップ。Windowsログオンからアプリケーションのログイン認証や、仮想化環境での利用、共通PCでの利用者特定など、さまざまな用途・環境に対応している。

 Smooth Fileネットワーク分離モデルは、分離されたネットワーク間での安全なファイル交換を実現するファイル交換ソリューション。Microsoft OfficeファイルやPDFファイル、画像ファイルから、マクロ領域やオブジェクト、メタ領域・スクリプト領域を除去することで、安全に利用できる状態に消毒を行う「ファイル無害化機能」を実装している。双方での交換だけでなく、3セグメントでの分離環境でも1台で対応可能となっているため、さまざまな現場での導入が進んでいる。

 今回、Smooth Fileネットワーク分離モデルでファイル交換する際のログイン認証をEVEシリーズと連携することで、認証回数を大幅に削減し、より効率よく安全なファイル授受が可能となった。両製品は、販売パートナーを通じて販売し、ユーザーのセキュリティーへの取り組みをサポートしていく。