エクセルソフト(永山哲也代表取締役)は12月11日、カナダのPhotoModeler Technologiesが提供する、画像データから高精度の3D計測値や3Dモデルデータを抽出できるフォトグラメトリツール「PhotoModeler」の上位製品「PhotoModeler Premium」を発売したと発表した。

PhotoModeler Premiumの新しいユーザーインターフェイス

 PhotoModeler Premiumは、PhotoModeler Standardで作成可能なマニュアルまたはターゲットを使用したプロジェクト、CADプロジェクトに加え、写真ベースの3Dスキャニングと呼ばれるプロセスにより、高密度のサーフェスモデリング(DSM)や、測地系、体積測定などのドローンを使ったプロジェクトに適した製品。測量から法医学、建築、製造業、考古学、ゲーム、アニメーションまで、さまざまな分野で活用されている。

 また、新しいユーザーインターフェースとして、これまでのトラディショナルなメニューやツールバーに代わり、リボン形式のツールバーを導入した。ツールはタブ形式でグループ分けされ、さらに関連するツールごとに分けられている。最も頻繁に使われるツールは、クイックアクセスツールバーとしてアプリケーションの上部に表示。ユーザーの用途により、カスタマイズも可能となっている。

 ツールは、「ワークスペース」ごとにカテゴリー分けされ、プロジェクトの種類によって異なるセットのツールが表示される。デフォルトのテーマは、黒とグレーを基調としたダークモードが設定されているが、ライトモード、カラフルモードへの切り替えが可能。ツール検索ボックスにキーワードを入力することにより、プロジェクトに必要なツールを容易に見つけることができる。

 税別価格は恒久ライセンスが34万4400円、年間サブスクリプションが14万4300円。なお、PhotoModeler Premiumのリリースを機に、既存製品のPhotoModeler ScannerとPhotoModeler UASは終了となった。