サイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)は2月5日、ネオジャパン(齋藤晶議社長)と協業し、クラウドメールサービス「CYBERMAILΣ」を、ネオジャパンのグループウェア「desknet's NEO」ユーザー向けに提供を始めた。


 CYBERMAILΣは、「速く、使いやすく、止まらないメールシステム」をコンセプトに、日本企業に求められる電子メール機能と信頼性を備えたセキュアなクラウドメールサービス。PC、スマートフォンや携帯電話からウェブメールを閲覧することが可能で、最大100GBの大容量メールボックスと、標的型メール攻撃や情報漏えいを防ぐメールセキュリティーやメールアーカイブなど多彩な機能を低価格で提供する。

 同サービスの活用により、メールの整理や削除、クライアントPCの入れ替え時などに発生するファイルコピーなどの手間を減らし、メール使用時だけでなく、メール運用の生産性も高めることができる。

 今回、ネオジャパンの「desknet's クラウド」のユーザー、またはdesknet's NEOのライセンスをもっているユーザー向けにCYBERMAILΣを提供する。

 税別価格は初期費用が5万円、1アカウントのメールボックス容量は5GBが月額200円、10GBが月額250円、50GBが月額400円、100GBが月額500円。最小契約数は100アカウント、最大契約数は無制限となる。