ソリマチ(反町秀樹社長)は3月28日、経営者向けスマホアプリ「スマホ社長」で、セブン銀行(舟竹泰昭社長)、ジャパンネット銀行(田鎖智人社長)、三井住友銀行(高島誠頭取CEO)と、3行同時に参照系API連携を開始した。ソリマチが金融機関APIに接続するのは今回が初めてとなる。


 銀行APIによるデータ連携では、ログインIDやパスワードをサービス提供事業者に預けることなく、利用者自身が銀行のシステムを通して利用したいサービスに対してデータ連携に関する許可を与えるため、よりセキュアな環境で安心・便利に残高や入出金情報の自動取得を行うことが可能となる。

 今回、セブン銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行の各行との参照系API連携は、2018年10月にリリースしたスマホ社長で先行して行う。今後もより多くの顧客に安全で便利なサービスを利用してもらうため、APIによる接続銀行を拡大していくとともに、スマホ社長以外の「MoneyLink」など、他サービスでもAPI連携を進めていく予定。

 なお、18年6月の銀行法改正に伴い、「電子決済等代行業」に関する新しい制度が開始されている。銀行API連携など電子決済等代行業を営むには銀行法等に基づく登録が必要となるが、ソリマチも同年12月に電子決済等代行業者として登録を完了している。