日中デジタルビジネス協会は4月10日、中国・北京の中国国連購買促進会と、戦略提携した。双方の会員企業で国際協力を促進する内容で、国際会議やフォーラム開催での協力、先進日本企業の中国市場進出支援なども視野に入れる。さらにデジタル分野での日中の産業界が経済協力しながら、イノベーションを促進、両国の長期的で安定した健全な発展への貢献を目指す。

覚書に調印し握手を交わす日中デジタルビジネス協会の森保治理事と
中国国連購買促進会の王栩男常務副会長(左)

 調印式で日中デジタルビジネス協会の森保治理事は、「中日のデジタル分野の経済協力は歴史が古く補完性も高い。両国の交流を強化することで長所を取り入れ短所を補い、共に進歩できる」と話した。また、中国国連購買促進会の王栩男常務副会長は、4月に中国企業を率いて韓国購買庁と韓国G-PASS企業輸出振興協会が主催する2019グローバル公共購買博覧会に参加したことなどについて情報を共有した。