KDDI(高橋誠社長)は7月17日、ゼットスケーラーのクラウド型セキュリティサービス「Zscaler with KDDI」の販売を強化するため、米ゼットスケーラーと6月14日に再販契約を結んだと発表した。KDDIとKDDIデジタルセキュリティ(KDS、森岡秀社長)が一次販売代理店として提供する。

Zscaler with KDDI

 多くの企業は、クラウドの利活用、ローカルブレイクアウトを進める一方、高水準のセキュリティを確保するという課題を抱えている。さらに、国内拠点だけではなく、海外拠点も含めた一元的なサイバー攻撃への対策や、高品質で効率的なセキュリティサービスの導入が重要になっている。

 Zscaler with KDDIは、一般的なプロキシ・フィルタリングサービスが持つURLフィルタリング、アンチウイルス、アンチスパイウェアなどのセキュリティ機能のほか、SSL通信の脅威検査、ポリシー制御、未知の脅威保護、サンドボックス機能、帯域制御、ファイアウォール機能をクラウド上で提供する。

 サブスクリプション・バンドルの選択に加え、オプションで必要な機能を付加して利用できる。管理画面の言語は、日・中・英・仏・独・西の6カ国語に対応する。Zscaler with KDDIを利用することで顧客は国内外にあるどの拠点からでも、統一された情報セキュリティガバナンスの中で、安心安全にインターネットを利用できる。

 KDDIとKDSは、Zscaler with KDDIのサブスクリプションの提供に加え、日本語による問い合わせサポート体制の提供、構築SI支援などを提供していく。さらに、将来的にはセキュリティ監視サービスの提供と併せて、顧客のインターネット環境からZscalerを介したアクセス先に至るまでのネットワーク監視サービスの提供も検討している。