日商エレクトロニクスは7月30日、社内に「DX meetupラボ」を設立した。AI、ブロックチェーンなどの技術を活用し、パートナーと協力してビジネス開発や課題解決に取り組む。

 
 DX meetupラボでは、AIやブロックチェーン、IoTなどの技術と、データを利活用する場を提供するとともに、パートナー企業間の連携を推進する触媒の役目を担う。これにより、パートナーとともに技術活用や実証実験、研究活動のほか、データ駆動型社会に新しい価値を届けるビジネスの開発を目指す。

 DX meetupラボの責任者は日商エレクトロニクスの細井達夫・DX事業本部長が務め、設立アドバイザーとして、カウラの岡本克司代表取締役CEO、大串康彦アドバイザー(電力・エネルギー分野)、チームAIBODの松尾久人社長が支援をする。

 また、総合商社である双日のネットワークを生かし、物流や電力・エネルギーに携わる企業、DX技術に精通する企業、システム・サービス開発企業、データ流通コンサルティング企業、リーガル専門家や各種関連業界団などと協力し、ビジネス開発、課題解決に取り組む予定だ。今後は物流、電力・エネルギーの領域に強みを持つパートナーを拡大していく。

 まずは、厳正な温度管理や原産地証明が必要とされるサプライチェーンの分野では管理データの真正性や非改ざん性、トレーサビリティの証明をブロックチェーンによって実現する「トレーサビリティ証明」、人の勘や経験によらず、データに基づく需要予測や巡回ルート最適化を提供し、効率化とスキル平準化を支援する「巡回ルート最適化」、AIにより、電力・エネルギー業界で活用できる電力需要予測、発電予測、電力価格予測、蓄電池寿命予測などを行う「エネルギー需要予測」などの開発を行う。

 このほか、2019年秋に「DX meetupセミナー」を開催し、アドバイザーによる講演を実施する予定だ。