8月23日の13時ごろ、Amazon Web Services(AWS)の東京リージョンで障害が発生している。障害が発生しているのはAmazon Elastic Compute Cloud。Amazon Relational Database Serviceでも接続できなくなっている。

障害が発生しているのは日本だけ

 日本時間の13時47分時点で、インスタンスが損なわれ、一部のEBSボリュームでAP-NORTHEAST-1リージョンの単一のアベイラビリティーゾーン内のパフォーマンスが低下していることが確認された。一部のEC2 APIでは、エラー率とレイテンシが増加している。

 さらに14時27分時点では根本原因を特定。AP-NORTHEAST-1リージョンの単一のアベイラビリティーゾーン内でのインスタンス障害とEBSボリュームのパフォーマンス低下の回復に取り組んでいる。

 今回のAWSの障害により、AWSを利用しているスマホゲームやSNS、ECサイトなど各種サービスで接続障害が発生している。