シャノン(中村健一郎社長)は8月27日、デジタルとアナログを組み合わせるマーケティング支援ソフトウェア「SHANON MARKETING PLATFORM(SMP)」が、早稲田アカデミー(古田信也社長)に導入されたと発表した。

 SMPは、申込フォームや告知サイトの作成、セミナー/イベントでの申込・来場管理、名刺情報管理、キャンペーン運営業務やメール配信など、マーケティング業務全般の一元的な実施・管理を実現するソフトウェア。オンライン・オフラインを問わず、行動履歴を自動で見込み客データと紐づけて蓄積データの管理を一本化。属性や履歴を横断したリードの検索・抽出やスコアリング機能でリード評価の品質を向上させることにより、商談機会の創出を支援。データを可視化する標準ダッシュボードも搭載している。

 早稲田アカデミーは、首都圏で小学生・中学生・高校生対象の進学塾を経営。難関校への圧倒的な合格実績により形成したブランド力を背景に塾生数を伸ばし、業績拡大を続けている。同社では今回、SMPを導入し、100以上の校舎で実施される模試・イベントなどの集客に活用することで、事前事後の手作業が膨大だった集客イベント関連業務を大幅に改善した。ほかにも基幹システムとのデータ連携による作業効率化だけでなく、施策の精度や機動力を向上している。 

 今後は、SMPだけにとどまらないシステム改良による顧客満足度の向上と、働き方改革・業務改善による会社の利益向上を目指していく考え。