日立システムズ(北野昌宏社長)は8月30日、国際協力機構(JICA、北岡伸一理事長)が8月18日から24日にかけて実施した「2019年度JICA道路アセットマネジメント長期研修員向け特別プログラム」に、ロボット技術を使用した橋梁点検の分野で参加したと発表した。


 このプログラムは、JICAが東南アジアとその他地域の発展途上国から長期的に受け入れている研修員に対し、日本での道路アセットマネジメントの取り組みや研究開発、点検データを活用した予算計画策定・健全度推移予測手法などに関する研修を行うもの。これにより、研修員が自国の道路アセットマネジメントの定着に向けて、必要な対応策や解決策を策定することを目標にしている。

 日立システムズは、2016年9月に「ドローン運用統合管理サービス」の販売を開始し、日本国内のさまざまな構造物の点検で安全性や効率向上を支援してきた。また、昨年度は、JICAがフィリピンで実施したドローンによる橋梁点検の実証実験にも参加している。

 こうした背景から、ロボット技術を使用した橋梁点検の研修に際して、実際に各務原大橋(岐阜県各務原市)でドローンによる点検を行い、ドローン運用統合管理サービスの特徴的な機能である「3次元管理台帳」の作成を実演した。同機能は、ドローンで撮影した大量の2次元画像(写真)から構造物全体の3次元モデルを生成するだけでなく、生成した3次元モデルと劣化箇所写真の紐付けを行うことで劣化箇所と構造物全体の位置把握が容易となり、ビジュアル化された構造物管理を実現する。

 今後も、日立システムズでは、日立グループ各社をはじめとするビジネスパートナーとドローン関連ビジネスでの連携をさらに強化し、ドローン運用統合管理サービスを通じて、危険を伴う大規模構造物の点検業務の安全性や効率のさらなる向上を目指す。また、JICAの取り組みとも連携しながら、日本国内だけでなく、世界中の社会インフラの適切な維持管理と、安心・安全な社会の実現に貢献していく方針。