THK(寺町彰博社長)は9月10日、日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)と日本マイクロソフトと、顧客とのコミュニケーションプラットフォーム「Omni THK」で連携すると発表した。

 Omni THKは、製品の在庫検索や短納期品の選定、各種情報のダウンロード、いつでもどこでも見積もり取得、その場で発注申請など、あらゆる工程をサポートするTHKコミュニケーションプラットフォーム。IoT/AIの活用を前提とし、インフラ面では高セキュリティで拡張性が高くグローバル展開に強みをもつマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をベースに構築している。ソフト面では、IoT/AIの実績を多く有するシステムインテグレーターであるNSWの技術サポートにより高品質なアプリケーション・プラットフォームの構築・運用を早期に実現している。

 今回の連携に伴い、日本マイクロソフトでは、IoTやAIの基盤となるMicrosoft Azureの提供と技術支援に加え、ブロックチェーンやMixed Reality(複合現実)といった周辺テクノロジーを活用したOmni THKの拡張も視野に入れた検証支援を行う。また、マイクロソフトのパートナープログラム「MPN for Industry」によるサービス拡販やビジネスマッチングを行う。さらに、海外市場も含めた、Omni THKの共同マーケティング活動を展開する。

 一方、NSWは、Omni THKがより高い顧客体験価値を提供できるようにIoT/AIをはじめとする最新のテクノロジーを活用し、継続的なアプリケーション開発とサポート、THKの新しいサービスモデルの創出と営業連携による拡販を支援していく。