パロアルトネットワークス(アリイ・ヒロシ会長兼社長)とインフォセック(北風二郎社長兼CEO)は、パロアルトネットワークスの検出・調査・対処アプリケーション「Cortex XDR」を利用した日本初のMDR(Managed Detection and Response)サービス「MDRサービスpowered by Cortex XDR」の提供を9月末に開始すると発表した。価格は個別見積もり。

サービス提供イメージ

 Cortex XDRは、オープンなセキュリティプラットフォームCortexにより、エンドポイント/ネットワーク/クラウドのデータを包括的に統合し、高度な攻撃を阻止する業界初の検出と対処のアプリケーション。行動分析や機械学習、AIを活用して、管理されるデバイス、されていないデバイスを問わずに、あらゆるデータソースから未知の脅威や回避性の高い脅威を特定する。

 また、異なる種類のデータをつなぎ合わせることで、アラート数を自動的に減らしつつ脅威の根本原因を明らかにし、セキュリティ担当者のインシデントへの優先順位付けと調査に要する時間を最小限に抑える。対処機能との緊密な統合により、脅威へ迅速に対応し、調査から得られたインテリジェンスをもとに同様の攻撃を検出できる。

 今回、インフォセックは、パロアルトネットワークスのNextWave MSSPパートナーの認定を受け、日本市場で初めてCortex XDRを使用したMDRサービスを展開する。同サービスでは、インフォセックのMSSに関する豊富な知見・実績と、パロアルトネットワークスのCortex XDRを組み合わせ、エンドポイント/ネットワーク/クラウドにまたがる包括的な脅威の監視と対処を支援する。

 また、インフォセックは、パロアルトネットワークスのエンドポイントセキュリティ「Traps」だけでなく、次世代ファイアウォールやクラウドセキュリティ製品群「Prisma」など、Cortex XDRにより統合されたさまざまなデータソースのログを元に、24時間365日体制でのセキュリティ監視・脅威分析に加え、対処から再発防止対策までのセキュリティ運用サービスを提供する。