ソフォス(中西智行代表取締役)は9月13日、SE Labsが初めて発行した「年次レポート」で、2019年の最優秀中小企業向けエンドポイントセキュリティソリューション(Best Small Business Endpoint security solution)に英ソフォスが選ばれたと発表した。

 今回の新しいレポートでは、ソフォスのエンドポイントプロテクションソリューション「Intercept X Advanced」が数カ月にわたる綿密なテストで優れたパフォーマンスを発揮し、業界で最も優れたエンドポイント脅威保護製品であることが示された。
 
Intercept X Advanced

 レポートには、「5000以上の標的型攻撃を使用して、50以上のさまざまな製品をテストした。これらの攻撃は、一般に公開されているハッキングツールを使用して、現実的な方法で実行された。このテストが可能な限り現実的で有用なものにするために、技術的な観点から実際のセキュリティ侵害を監視した。これにより、実際の攻撃者と同様の方法で、当社のテストを調整・変更できた」と記載されている。

 Intercept X Advancedは、さまざまなレイヤーで優れた防御を実現し、高度な攻撃に対しても強固なセキュリティ保護を実現する。ディープラーニングとエクスプロイト対策のテクノロジーを活用して、エンドポイントプロテクションに包括的な多層防御を取り入れることで、さまざまな脅威を阻止する。

 なお、同製品は、攻撃の検出と阻止に関して一貫して最高ランクを獲得している。SE Labsの19年度エンドポイントプロテクションテストレポートでは、大企業と中小企業向けのエンドポイントプロテクションで100%の総合精度評価を達成した。また、これまでのすべてのSE LabsテストでAAA評価を獲得している。