インテルは10月2日、最新の第10世代Coreプロセッサーの説明会を開催した。土岐英秋・執行役員常務 技術本部 本部長は、「2006年のCore 2 Duoから2~3年でアーキテクチャーを更新してきたが、15年のSkylakeから19年のIce Lakeまでは4年かかった」と話し、待望のアップデートであることをアピールした。

土岐英秋本部長

 これまでのCPUは、プロセス&パッケージングとCPUアーキテクチャーというCPU本来の性能に特化してきた。最新の第10世代Coreプロセッサーは、プロセス&パッケージングに加えて、XPUアーキテクチャー、メモリ、インターコネクト、セキュリティ、ソフトウェアの六つの要素を追加した。

 第10世代Coreプロセッサーは、10nmプロセス製造のモバイルPC向け「Ice Lake」と、現行デスクトップCPUと同じ14nmプロセス製造の「Comet Lake」の二つがある。
 
Ice LakeとComet Lake

 Ice Lakeは、新しいアーキテクチャーのSunny Coveを採用し、内蔵グラフィックス機能が強化した。AI推論命令セット(インテル・ディープラーニング・ブースト)やGNA(Gaussian mixture model and Neural network Accelerator)を組み込むことで、AI関連処理の高速化と低電力処理を実現した。

 一方、Comet Lakeは、同じモバイルのTDP枠内でIce Lakeにない6コア12スレッドモデルを用意する。グラフィックスはIrisではない通常のIntel UHD Graphicsが組み合わされる。より、生産性が求められるニーズにマッチしている。

 また、両方とも高い接続性を備え、Wi-Fi 6、Thunderbolt 3、AIによるダイナミックチューニング、Project Athenaプラットフォームなどに対応する。