オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は10月25日、申告書の作成にとどまらない、申告にかかわる業務全体を支援する「申告奉行クラウド[法人税・地方税編]」を10月31日に発売すると発表した。


 申告奉行クラウド[法人税・地方税編]は、「勘定奉行クラウド」と合わせて利用することで、会計から申告までを一気通貫で行うことが可能。財務データを申告書にリアルタイムに自動連携しながら業務を進めることができ、申告業務のスピードをさらに向上することができる。

 「専門家ライセンス」を標準で提供し、申告業務に欠かせない税理士などの専門家と一緒に業務を進めることで、迷うことなく申告業務が行える。また、複数名で同時に業務を行えるクラウドサービスのため、役割を分担しながらスムーズに業務を行うことができる。

 各別表の関連情報は自動計算・自動転記されるため、手作業を最小限に抑えて、申告・納税までスピーディに業務を行うことが可能。電子申告・電子納税に対応しており、社内にいながら一連の業務を完結できる。

 税別価格例は、申告奉行クラウド[法人税・地方税編]iAシステムが1ライセンス年額16万円から、初期費用は5万円。