富士ゼロックス(玉井光一社長)は、ゴールド、シルバー、ホワイトの計3色の特殊色トナーとブラックトナーを搭載する業界初の特殊色トナー専用A4小型LEDプリンタ「DocuPrint CP310 st」を、デザインや小売り、サービス業向けに、12月10日に発売する。税別の標準価格は34万8000円。


 オフィス向けプリンタ「DocuPrint」シリーズの使い勝手の良さや小サイズはそのままに、付加価値の高い特殊色であるゴールド、シルバー、ホワイトを使った印刷物を出力できるモデル。

 印刷物のデザインで、ゴールドやシルバーは高級感や季節感が演出できる表現として、また、ホワイトは色紙や透明フィルム上での表現としてのニーズがある。一方、特殊色の印刷には、これまでプロダクションプリンタやオフセット印刷などの大型設備が必要で、出力環境が限られ、オフィス・店舗で内製する印刷物に取り入れることが難しかった。
 
DocuPrint CP310 st

 DocuPrint CP310 stは、デスク上にも設置できるサイズと、オフィス向けプリンタ並みの価格で、個人事業主や中小規模事業所の小規模オフィスに導入しやすい。また、デザインオフィスや小売り、サービス業の店舗など、スペースが限られる場所でも、特殊色を使った印刷物の出力が可能になる。

 小型プリンタながら、コート紙やフィルム用紙への印刷に対応し、パッケージやPOPなどの販促物の企画制作にも活用できる。さらに、Adobe Illustratorなどデザイナーに広く使われているアプリケーションからの出力だけでなく、PowerPoint、ExcelやWordなど一般ユーザーも使い慣れたMicrosoft Office系アプリケーションからの出力にも対応する。

 印刷スピードはA4タテで1分間28枚、本体サイズは幅420×奥行466mm。専用のWEBテンプレートツールを無償で同梱し、Illustratorがない場合でも簡単に特殊色印刷を利用できる。