SB C&S(溝口泰雄社長兼CEO)は、JTBグループでビジネストラベルマネジメントと出張・経費精算管理ソリューションを提供するJTBビジネストラベルソリューションズ(JTB-CWT、渋谷正光社長)と業務提携を結んだ。JTB-CWTの出張・経費精算管理ソリューション「J’sNAVI NEO」とSB C&SのRPA・AI-OCRを活用したBPOサービスを連携することで、企業の経費精算における業務プロセスを効率化する。

経理BPOモデル例

 SB C&Sは、J’sNAVI NEOを導入している企業に対し、領収書の電子化、システムへの入力や確認、承認といった一連のプロセスを代行するBPO(Business Process Outsourcing)サービスを提供し、ノンコア業務の効率化を支援している。また、SB C&SはRPAやAI技術を積極的に取り入れており、RPA・AI-OCRを活用した高精度・高スピードのBPOサービスを提供している。

 一方、JTB-CWTは、出張や経費の事前申請から出張手配、経費精算の申請・承認といった一連の処理を効率化するソリューションJ’sNAVI NEOを提供している。J’sNAVI NEOは、出張手配機能があるため、出張費の現金立替や精算時の突合処理を撤廃することができるが、出張時に発生する領収書などの証憑が必要な経費については、原本の提出や突合確認業務、承認といったプロセスが必要だった。
 
申請代行BPOモデル例

 両社のサービスを連携することで、旅費交通費などの精算業務を省力化できる。旅費交通費などの使用実績を透明化し、より高度なガバナンス強化ができる。また、改正電子帳簿保存法対応運用へのスムーズな移行を実現するほか、システムに依存しない個社に根ざした業務改善ができる。

 今後は、この提携を皮切りに両社の持つノウハウや開発力を最大限に活用し、経費精算分野の効率化を推進するとともに、課題解決に向け共同でビジネス開発、販売活動を推進していく。