経済産業省は昨年4月、2025年までにキャッシュレス決済比率を約4割まで引き上げる「キャッシュレス・ビジョン」を示した。コンカー(三村真宗社長)はこの機を逃すまいと“ビジネスキャッシュレス構想”を打ち出し、新たに四つの外部サービスと連携する計画を発表した。QRコード決済を中心に一般消費者の間でキャッシュレス決済が盛り上がりを見せ、国全体がキャッシュレス化へと動き出した今、これを追い風にさらなる顧客基盤の拡大を目指す。(銭 君毅)