総合人材サービス業を展開するgrooves(池見幸浩代表取締役)と琉球銀行(川上康頭取)は業務提携を結び、琉球銀行の取引先企業に対し、groovesが運営する人材紹介サービスを活用した採用支援を行う。


 沖縄県は、IT産業の誘致を積極的に行っており、ニアショア開発の拠点として県内に拠点を置く企業が多い。2018年1月時点では454社の情報通信関連企業が立地し、観光リゾートに並ぶリーディング産業へと成長している。そのため、高いスキルを持つIT人材の確保に苦戦を強いられるケースが多く、琉球銀行の取引先企業も採用に課題を抱えている。

 一方、groovesは、18年にマレーシア・クアラルンプールに拠点を設立。現在アジアを中心に世界6カ国の人材紹介会社と提携し、日本での就職を希望する高度外国人材と日本企業のマッチングを支援している。
 
groovesが提携する地域金融機関系事業者

 今回の提携により、groovesが運営するITエンジニアに特化した採用支援サービス「Forkwell」を活用し、優秀な外国人ITエンジニアを中心とした採用支援を行っていく。