アイティフォー(東川清社長)は2月16日、琉球銀行(川上康取締役頭取)からRPA業務自動化ソリューション「ナイス・アドバンストプロセスオートメーション(NICE APA)」とSMS送信システム「e-SMS」を受注し、2月1日に本格稼働したと発表した。

 今回稼働したシステムは、個人ローンの申し込みや支払いに関する案内を、従来の電話に加えてSMS送信を活用することにより、顧客への迅速な連絡を可能にするもの。e-SMSの操作を人間に代わってRPAに実行させることにより、配信業務の大半を自動化した。

 琉球銀行では、これまで個人ローンの申し込みや支払いに関する案内に電話を活用していたが、不在でなかなか本人とコンタクトが取れず何度もかけ直すなど、架電業務の負担が課題となっていた。そのため、個人ローンの受付や申し込みに関する案内を担当するダイレクトバンキングセンターと、支払いに関する案内を担当する審査部管理センターにe-SMSを導入。顧客に折り返し電話を促すメッセージを自動送信するという新たな連絡手段の構築で業務効率化を図った。同行では、今回のシステム導入により、顧客不在による再架電業務の時間を約50%削減できると見込んでいる。

 また、今回のSMS送信開始にあたっては、RPA業務自動化ソリューションのナイス・アドバンストプロセスオートメーションを使用。SMS送信には、琉球銀行がすでに利用中の「TMS テレマーケティングシステム」と「CMS 個人融資債権管理システム」から管理番号・氏名・電話番号を取得し、e-SMSにその情報を入力する必要があるが、RPAツールの一機能「ユニファイド・デスクトップ」を活用し、複数システムから必要な情報のみを一画面上に集約してシンプルに自動表示。業務担当者は、画面上の情報を確認し送信ボタンを押すだけでメッセージ配信することが可能となった。

 琉球銀行では、RPAツール導入により、担当者の作業時間の軽減と作業ミス削減を実現し、さらなる顧客サービス向上に向けた業務に専念することを目指す。