JR東日本スタートアップとジェイアール東日本物流、CBcloudは、東京駅の手荷物預かり所で、荷物を預かり、当日中に指定のホテルへ届ける実証実験「エキナカ次世代手荷物配送」を11月11日から開始した。配送先は、山手線各駅周辺、舞浜駅周辺のホテルを対象とし、実験期間は約3カ月の予定。


 東京駅では、外国人旅行客など観光客が増加し、コインロッカーが不足している。2020年には外国人観光客がさらに増え、手荷物のストレスが課題になると予想されている。
 

 今回の実験では東京駅の手荷物預かり所に、CBcloudのフリーランスドライバーと荷主を即時につなぐ配送マッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」を導入する。PickGoは、1万5000人以上のフリーランスドライバーが登録しており、荷主とドライバーを直接つなぐことでコストを抑え、配送にかかる時間を短縮することができる。

 配送受付時間は朝の8時から夕方の4時半まで。事前予約は不要で、3辺の合計が140cmまでの荷物は1800円、辺の合計が141~160cmまでの荷物は2000円、3辺の合計が161~250cmまでの荷物は3000円で配送する

 JR東日本グループとCBcloudは今回の実験を通じ、観光客や旅行者の手荷物のストレスを軽減し駅の利便性を向上することで、手ぶら観光を含めIT技術を使った「スマートな観光」を推進していく。