TISインテックグループのTIS(桑野徹会長兼社長)と会津大学は、共同で「在庫管理システムと自律移動配送ロボットを連携させた搬送業務の自動化」を目指す実証実験を、会津大学内のLICTiA(先端ICTラボ)で11月26日から11月28日まで実施する。


 次世代インターネット基盤ソフトウェア「FIWARE」を活用しTISが開発を進めている「ロボット間のデータ連携」などを実現するプラットフォーム「RoboticBase」と、会津大学で研究開発している自律移動ロボットを連携して、搬送業務のラストワンマイルの自動化をユースケースとして実施する。

 今回の実証実験を通じてTISでは、RoboticBaseとさまざまな業務システムの容易な連携と、異機種ロボットのインターフェースを共通化することで簡単な接続が可能になる仕組みを検証する。これにより、将来的には、さまざまな業務システムとサービスロボットを活用した業務サービスの構築を目指す。