JAXAベンチャーのDATAFLUCT(久米村隼人代表取締役)は、生産現場の衛星画像データのモニタリングや市場取引価格のAI予測により、野菜の収穫時期を予測し安定供給をサポートする「DATAFLUCT agri.」を2020年2月に開始する。


 昨今の異常気象の多発により、国産野菜は以前に比べて安定供給ができにくくなっている。そのため、農業事業者にとっては経営が不安定になり、食品加工業や外食産業、青果専門商社などにとっては安定的な調達が難しくなっている。こうした課題を解決するため、DATAFLUCTは、データ活用とサイエンスの力で国産野菜のサプライチェーンの最適化を支援する。

 DATAFLUCT agri.は、契約栽培による仕入れ状況と、市場の仕入れ状況をモニタリングすることで、野菜の安定供給をサポートする。衛星画像データを解析することで契約農家が栽培する野菜の「収量予測」「収穫日予測」「生育状況モニタリング」「異常検知」ができるようになる。現地の農家と直接コミュニケーションをとらずに、遠隔地からでも現地の生産情報を把握することができる。
 
DATAFLUCT agri.の概要

 また、取引価格のデータと気象データを活用して将来の市場取引価格を予測する。過去の市場取引価格や気象データをAIによって解析することで、将来の取引価格を予測する。従来より早い段階で原料調達先を再検討できるので、仕入れコスト削減につながる。なお、対象となる生産品目は、キャベツ、レタス、白菜、大根、タマネギ、ニンジンなどの土地利用型作物。

 DATAFLUCTは食品加工業や外食産業、青果専門商社などに提案・提供していく。DATAFLUCT agri.を利用することで、例えば、特定の地域の契約農家が生産する野菜の生育が思わしくない場合、他の地域で生産する契約農家からの仕入れを増やしたり、必要に応じて市場価格予測情報をみて市場からの調達を検討することができる。

 また、2週間後に漬物にする白菜を市場から調達する場合、DATAFLUCT agri.を使って2週間後の価格を予測し、場合によっては調達を早めたり遅めたりして仕入れのコストを抑えることができる。

 DATAFLUCTは、実証実験に参加する企業などのパートナーを募集する。募集期間は12月4日から12月27日まで。キャベツ、レタス、白菜、大根、タマネギ、ニンジン、ネギなどを生産する農家とすでに契約をしている企業を対象とする。