パイオニアスマートセンシングイノベーションズ(高木晴彦社長)は12月19日、サイズを大幅に小型化するとともに、計測可能距離を伸長させるなど高性能化を実現した「3D-LiDARセンサー」の量産モデルを開発したと発表した。高度自動運転車両(自動運転レベル3以上)への搭載を想定しており、2020年度上期に随時販売を開始し、秋から本格的な量産を行う予定。

「3D-LiDARセンサー」の量産モデル

 3D-LiDARセンサーは、レーザー光を照射することにより物体の検知と正確な距離測定を行うことで、周辺の状況をリアルタイムに立体的に把握できるため、自動運転レベル3(条件付き自動運転)以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスといわれている。同社は、17年、18年と検証用モデルを各企業向けに提供し、実証実験などを通じて検証を行ってきた。

 20年秋に本格的な量産を開始する3D-LiDARセンサー(2020モデル)は、MEMSミラーによるスキャン方式を採用し、高解像度であることに加え、同社従来品(2018モデル)と比較して5分の1以下の小型化、1.5-2倍の計測可能距離を実現している。画角と計測可能距離の異なる3種類のセンサーと広角タイプを揃えており、それぞれを組み合わせることで顧客のニーズに対応できる。また、物体の検知や自車位置推定などを高精度に行えるソフトウェアを開発しており、顧客への提供も可能となっている。