大塚商会は、2020年2月に東京・大阪・名古屋で「実践ソリューションフェア2020」を開催する。大塚商会がそろえる最新のITソリューションを紹介するイベントで、昨年は各会場合わせて約2万人が来場した。

 43回目となる今回のテーマは「ITで拓く、働き方改革。」。19年から働き方改革の推進が本格化し、20年はその実現へ向けての課題を見つけ、IT活用で解決していく年と位置付ける。会期中は、AIやIoT、RPAなどのIT技術や、働き方改革を支援するさまざまなソリューションを展示するほか、働き方改革や最新のIT技術、ソリューションについて解説するセミナーを行う。

 東京会場初日の特別セミナーでは、東京大学の西成活裕・先端科学技術研究センター教授、ワーク・ライフバランスの小室淑恵社長、日本マイクロソフトの澤円・業務執行役員マイクロソフトテクノロジーセンターセンター長が、それぞれ働き方改革をテーマに講演。2日目にはサイボウズの青野慶久社長らがパネラーとして登壇するパネルディスカッションを行う予定だ。

 実践ソリューションフェア2020は、2月5日~7日に東京、2月13日~14日に大阪、2月19日~20日に名古屋で開催。入場は無料。

■ 日時・場所
○東京会場
2020年2月5日(水)~7日(金)
ザ・プリンス パークタワー東京
○大阪会場
2020年2月13日(木)~14日(金)
グランキューブ大阪
(大阪府立国際会議場)
○名古屋会場
2020年2月19日(水)~20日(木)
ヒルトン名古屋

■ 主催
大塚商会

■ 参加費
無料(セミナーは事前申し込みが必要)