伊藤忠商事(鈴木善久社長COO)は1月20日、クーガー(石井敦代表取締役CEO)と資本業務提携することで基本合意したと発表した。

表情や動作を交えてエージェントが表現

 クーガーは、国内トップセールスを記録したオンラインゲームをはじめとする豊富なゲーム開発や大規模検索エンジン開発などの実績があり、人間のような感情をもつゲームAIの知見やブロックチェーンでAIに信頼性を与える技術、人間の表情・しぐさなどを読み取り分析する画像認識AIで世界最高レベルの技術を有している。これらの技術を結集し、独自開発した人型AIエージェント「コネクトーム」は、表情や動作を交えて人とコミュニケーションを図ることができる。一般的な音声AIエージェントと比較し問いかけに対する応答などの反応率が高いという実証結果も出ており、コミュニケーションや情報伝達を活性化することが可能となる。

 伊藤忠商事は、クーガーへの出資に加えて、伊藤忠グループのネットワークを生かし、同社の国内外への展開を支援する。また、同社が強みをもつ生活消費関連分野の企業や、介護、教育、エンタメなど幅広い分野で、市場や消費者からのニーズを重視したマーケットインの発想による課題対応・サービスの開発に取り組んでいく。

 伊藤忠商事では、中期経営計画「Brand New Deal 2020」で、新技術を活用したビジネスモデルの進化を目指しており、今回のクーガーとの資本業務提携はこれに合致するものとなる。この取り組みを通じて、AI技術を活用した業務の省人化や自動化にとどまらず、新たなサービスの創出を目指していく方針。